スノーボードのメンテナンス(チューンナップ)専門店

top_img21

シーズンスタートに向けてのおすすめコース

・スタンダードチューン+VサーモWAX加工を施し、長期保管に優れるワックスシートの保護フィルムを剥がせば何もせずに滑られる「おやすみパックSP」14,500円

・スタンダードチューン+長期保管に優れるワックスシートの保護フィルムを剥がせば何もせずに滑られる「おやすみパック」12,000円

・当センターでしっかりと管理しシーズン前にご自宅に発送する「楽ラク保管パック」13,500円、

バインディング付きでもOK

メンテナンスに出したいけど、バインディングが外せない。
外すことはできるけど元通りの角度にできないなどなど

そんな理由でメンテナンスをあきらめてしまっていることなどありませんか?

スノボーメンテナンスセンターにお任せいただければそんな悩みは心配ご無用!!

バインディングを外しメンテナンス後は元通りに戻します。お手元に戻ったボードはそのまま使用することができます。
バンディング脱着

img_001

POINT1

滑なぜかボードが楽しくなる仕上げにしています。

当センターのメンテナンス後のボードは、なぜか転びにくくなるような仕上げになっています。秘密のひとつはエッジダリング処理作業にあります。エッジをビンビンバリバリに仕上げてしまうと逆に滑りにくくなる場合があります。スノーボードは自然のフィールドで楽しむ遊びなんで、あえてルーズに丁寧に・・・(といっても。きっちり曲がりきっちり止まります)仕上げることで、終日楽しく滑れるんです。

POINT2

梱包から取り出してすぐに滑れます。

競技の世界では滑走前にワックススクレーピング(ワックス剥がし)をするのが当たり前です。
しかし、競技者でない一般の方に「ワックスっていうのは滑る直前に剥がすもんだ!」なんて、頭の堅いことは言いたくありません。
面倒で難しいワックススクレーピングは当センターが行い、ボードが到着したら何もせずに滑られる!こんなサービス自分でも欲しいと思ったからやっているんです
ワックススクレーピング

POINT3

バインディング等のねじの緩みはチェックしています。

バインディングパーツのねじが緩んでいたりすると、楽しく滑るどころかけがをしてしまう恐れがあります。
そんなことないようにお客様のボードを仕上げつつ、ねじの緩みなどチェックし100%の状態にしてお返します。

ねじの緩みチェック

POINT4

1回のメンテナンスで1シーズンはお手入れ簡単

なぜならVサーモがあるからです。Vサーモは真空状態でワックスを板に浸透させるものなのでとても長持ちします。シーズン中はスプレーワックスぐらいでOKです。

新品のボードにも実はメンテナンスは必要なんです。

新品のボードにもワックスが必要イメージ

新品ボードだからメンテはいらない!は大間違い!
一番チューンナップが必要なのは、実は今シーズン用に買った新品ボードなんです。新品のボードは製造工場から出荷されたままの状態です。

エッジはマシンで削りっぱなし、滑走面は何ヶ月もワックス無しで汚れ・酸化しています。輸入ボードは太平洋上を一ヶ月かけて室温60度以上になるコンテナで運ばれるものもあります。
滑走面は軽石のように穴だらけです

その穴をリフレッシュしワックスを染み込ませ、ケバだったエッジは滑らかにし て、ノーズとテールは怪我や逆エッジの引っ掛かりをなくすためにダリング処理します
このような新品時チューンをプレチューンといいます。 車にたとえると納車時の整備みたいなもんですね!
これ、絶対に必要です!

どんな状態のボードでもおまかせください

こんな状態のボードで滑りに行っていませんか?
メンテナンス前

せっかくよいボードを持っているのにこのような状態だと快適なスノーボードを楽しむことができません。
メンテナンスさえしっかりしておけば、ボードを買えかえる必要なんてないんです。

メンテナンス後

flow

ご注文はこちら

コース早わかり表

みんなの掲示板

ピックアップ記事

おやすみスペシャル

2017.3.10

おやすみパックSP

工場長が自宅保管に最適なコースをおやすみパックにVサーモトリプル加工をつけたパックを用意しました。 バインディング有の場合は別途1…

おやすみパック

2017.3.10

おやすみパック

工場長が自宅保管に最適なコースをオフシーズン特別に用意しました! バインディング有の場合は別途1080円かかります。 スタン…

工場長おすすめパック

  • おやすみスペシャル

    2017.3.10

    おやすみパックSP

    工場長が自宅保管に最適なコースをおやすみパックにVサーモトリプル加工をつ…

ページ上部へ戻る