Vサーモに関して

無題 投稿者:まあ 投稿日:2010/07/12(Mon) 20:28 No.2187   

こんにちは。昨年、そちらで2枚の板をメンテナンスしてもらい快適なシーズンを送れました。今年は新しい板を購入しメンテナンスをしてもらおうと思っているのですがどのコースにしようか迷ってます。あと、Vサーモも2回かけたほうがWAXのもちもいいんですかね?その辺のところも教えてください。因みに板は、VOLKL SQUAD ROCKERです。宜しくお願いします。

Re: 無題雪板工場長 2010/07/13(Tue) 16:02 No.2189
問い合わせありがとうございます。

いつもご利用ありがとうございます!

じつは、只今メニュー設定中なんですが・・・

「のりだしパック」というプレチューンナップ+VサーモWAX加工+堅いベースワックス+滑走ワックス+ワックススクレーピングで、安くパッケージする予定です。

ニューボード購入の際には是非!!

申し込みお待ちしています。

ちなみに、VサーモWAX加工は一回目より二回目のほうがワックス浸透量が多いでです。

二回目VサーモWAX加工は半額(¥1575)になります。

ただ、回数をすれば持ちが良くなるのとは少し違います。
持ちが良くなるのは、むしろ回数よりVサーモWAX加工後に堅いベースワックスをしっかりしたかどうかによるもののほうがい大きいです。

ただし、同じ条件でしたら確かにVサーモWAX加工を二回したほうが持ちは良いですね!

Re: 無題たこ 2010/07/15(Thu) 16:00 No.2194
お尋ねします。
Vサーモですが、最初に通常の浸透性の良いワックスでVサーモをしていただいた後、固いワックスで再度Vサーモを施していただくと言うことはできますでしょうか。
それによってよりベースづくりが良くなると思うのですが、如何でしょうか。

Re: 無題雪板工場長 2010/07/16(Fri) 16:48 No.2198
返信ありがとうございます。

堅いベースワックスがVサーモワクシングで浸透させるには、堅いベースワックスの融点(溶ける温度)にあげるために装置内温度を90度くらいに上げる必要があります。

そうすると、ボード内部のエポキシ樹脂が溶けたり、芯材の変形が発生します。

残念ながら堅いベースワックスはアイロンで行うのがベストです。

奥の手で融点の低いベースワックスに、冷えると堅くなる特殊な添加剤を混ぜると効果あるのですが、ベースワックスに混ぜ物をすると滑走ワックスの定着が悪くなるのであまりやりたくありません。

申し込みお待ちしています。

関連記事

ご注文はこちらから

コース早わかり表

みんなの掲示板

ピックアップ記事

300_しんぴんパックSP

2018.3.5

しんぴんパックSP

ボードを購入したら必須のαチューン バインディング無しで¥1000割引! 新品で購入したらまず最初にしておきたい、ボ…

ページ上部へ戻る